キシリトールと糖分、安全性 、食物の含有量 を知る!

FrontPage

キシリトールについて

キシリトールは低カロリー、糖尿病の患者でも安心の甘味料

  • キシリトールは自然界に存在する天然の糖アルコールの一種です。
  • 多くの野菜や果物にも含まれており、すべての糖アルコールの中で最も甘く、天然の甘味料としてお菓子などに使用されています。
  • 工業用には樺の木やその他の樫木のキシラン・ヘミセルロースを原料として作られています。

キシリトールと砂糖の比較

  • 砂糖の75%ものカロリーが含まれています。
  • 低カロリーですが・・・・取りすぎれば通常の糖分を摂取するのと同じで、当然、太ることは、砂糖と同じです。
    • 砂糖との大きな違いは、体内に吸収するときにインシュリンを必要としないため、糖尿病の患者でも安心して食べることができます。
    • そしてもう一つは、虫歯の原因となる酸を溶解時に熱を奪う効果があるため甘さには清涼感が付与され、さわやかな味わいが特徴でこのため、チューインガムのに使用される理由です。

野菜の含有量比較

  • 野菜の種類     キシリトール含有量 (mg/100gd5)
    • カリフラワー       300 
    • レタス             31
    • ほうれんそう       107
    • たまねぎ           89
    • にんじん           86
    • バナナ            21
vegetables

キシリトールの安全性

  • 欧米、EC諸国など世界38カ国以上で食品、医療品用途で認可されている食品です。
  • FAO/WHO合同食品規格で最も安全性の高いカテゴリーとして評価されています。
  • 日本では1997年までは、キシリトール食品添加剤として使用することを禁止していました。
  • それが変わったのは1997年のこと。国の認可が下り、日本でもガムや菓子・キャンディなどに使われるようになりました。
  • しかしその後、虫歯抑制という効能と名前ばかりが先行して正確な情報が混乱し、効能を正確につかんでいる人は意外に少ないといわれます。
    • 実は砂糖の75%ものカロリーがあるというのも、その一つです。
    • 実は値段は、砂糖の10倍も高い。そのためキシリトール100%配合ということは歯医者でもない限り、物体としてあり得ないようです。
    • 重要なのはほとんどの商品には他の甘味料も使われていることです。
    • その他の甘味料が例えば砂糖だとすれば、それが虫歯予防のキシリトールガムだと宣伝されても虫歯になってしまうことになる。
  • 虫歯を防止
    • 口腔内の菌に対してのまったく発酵しない、そのため、虫歯になる原因の酸の生成はない。
  • 唾液の再石灰化を促進する?
    • キシリトール自体の石灰化する機能はまだ証明されてなく、しかし、ガムを噛むことは他の食物以上に唾液を多量に分泌します。この唾液の成分には歯の再石灰化を促進する機能があります。
    • キシリトール配合ガムを食べると、唾液が多く分泌される、そしてその唾液によって歯の再石灰化が進行されるわけです。

関連商品の通販ショップカタログ

○○○キシリトールは安全食品!いろいろな商品があります○○○

犬には危険

犬にキシリトール含有食品を舐めさせないようにしましょう。

dog
  • キシリトールの大量摂取によって、犬が死亡した症例が多数、報告があり、愛犬がキシリトール入りの菓子やガムを食べないように注意が必要です。
  • 犬の熱中症を解消するサイト情報

powered by Quick Homepage Maker 4.79
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional